読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ooumeのゆくところ

行ったところ、やったことを記録しておくためのブログです

500年の時を超え

美術館 上野 食べたもの

f:id:ooume:20170113234911j:plain

秘技!閉幕直前滑り込み!

 

およそ二年半ぶりの国立西洋美術館

あー緊張した

ラストナイトミュージアムだったせいか、数多の広報で名前が売れたせいか、

この題材にしては人出が多いのかなという印象でした。

いや、

普段美術館が行かない場所すぎて基準がわからないだけで普通は美術館だとこれくらい人がいるのかもしれない。。。美術館すごい。。。。こわい。。。。。

 

www.nmwa.go.jp

 

www.tbs.co.jp

 

ということで、クラーナハ展。

中世絵画についての審美眼を養うというか本物に触れる会がしたいなということで、

先日開催されていたヴェネツィアルネサンスの巨匠たち展とあわせて訪問したのでした。

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち|TBSテレビ

 

わたしは画を見る力というか「見ようとして見る」ということが現状できない人なので、

本物に触れる機会を増やせばなんとかなってくもんだよなと楽観視し

徐々に所謂アート的な方面にも手を出しつつあるのですが

やはり付け焼き刃だとどうにもならない。そもそも切れすらしない。刃とは。

チケットを買うときとかも真っ先にコスパ悪<わり>いーって思ってしまう。良くない。

 

時間がなかったというか、常設展示もしっかり見たいなということで

会場内の解説パネルは読み流しの早さで読んでしまったのですが、

チームクラーナハはこう、

工場<こうば>性のあるアトリエ(というか画伝・生産拠点というか)、

写実性は確かにあるけどどこか歪んだいびつな形、

呼ばれて飛び出るお客様は神様感、

これどこかで…と国内の某K派を思い出していた。

別に狩野にもクラナハにも悪口言ってるわけではないですぞ

 

まあそんな思いがありながら、今回の展覧会を終えたのでした。

自分は楽しくはなかったです。

クラーナハがどうとかではないのです。

絵を見るとどうも心がえぐられてしまうのです。

良くないね。

 

西美で疲れることを見越して、お昼のうちにストレスフリーの先払い。

久しぶりに顔を出したってのに「今日は何にします?」と尋ねてくる沖縄料理屋さん。

オリオンのロゴがまぶしい。

f:id:ooume:20170113234920j:plain